スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

part time lover@IN SQUARE CIRCLE

stevie.jpg"IN SQUARE CIRCLE" STEVIE WONDER


まさかヘソンがこの曲をライブでやるとは!

ごめんなさい、↓のエントリまだ書きかけですし、頂いたコメントへのお返事もしておらず申し訳ないのですが、先にこちらをアップすることをお許しくださいm(__)m

以前、1986オメガトライブの歌が三度の飯より好きだったって話をどこかで書いた記憶があるんですが、私はその時々で好きになった歌手が好きだっていう歌手の歌を論文引くときみたいに孫引きのそのまた孫引きみたくして辿りつつどんどこハマりながら聴いてく性癖があります(孫のそのまた孫の好きな歌手の歌の歌の…ああややこしい)。

で、この"IN SQUARE CIRCLE"は、当時好きだった1986オメガのリード・ボーカル、カルロストシキが大好きな歌手の名盤としてあげていた音盤で、当時彼の歌に滅茶苦茶はまっててボーカリストとして彼のことをネ申と崇めたてまつっていた私は多分に洩れずこのディスクを買い何度も聴いたもんです。当時CDがまだ市場へ出回りはじめた頃で、なけなしのこづかいをはたきようやくこの音盤を買った時の喜びったら…!すっかり前置きが長くなりましたが、そんなふうに財布はたいてようやく買って聴き込んだアルバムには誰しも格別な思い入れがあるのではないでしょうか。

表題の"IN SQUARE CIRCLE"は、数多いスティービー・ワンダーのリリースものの中でもはじめの曲からおわりの曲まで1枚のアルバムとして通して聴いたときに最も好きな曲の並びとなっている作品で、収録曲の中でもこの"Part time lover"という曲のもつ独特の大人っぽいというかワケアリな雰囲気に物凄くドキドキしながら聴いたのを今でも覚えています。英語力が乏しく歌詞の聴きとり力もイマイチ無いまま、でも曲から伝わってくるちょっと妖しくオトナな雰囲気。"part time lover"=ただいっときの恋人、のような意味があると分かったのはそれから随分経ってからです。
まさかそっから○十年後に、今最も好きな歌手であるヘソンのライブでこの曲を聴くことになるとは夢にも思わなんだー!で、イントロかかってこれ歌い始めたときあまりに興奮して椅子からひっくりかえりそうになったのだ(SHINHWAメドレーでバリバリ踊るヘソンのほうが衝撃は大きかったけどね)。
.
.
stevie.jpg"IN SQUARE CIRCLE" STEVIE WONDER

01 Part-Time Lover
02 I Love You Too Much
03 Whereabouts
04 Stranger on the Shore of Love
05 Never in Your Sun
06 Spiritual Walkers
07 Land of La La
08 Go Home
09 Overjoyed
10 It's Wrong (Apartheid)



で、ですよ!やっちゃったわけですよ、へそん、この曲をーっ!
しかも超ジャジー&レゲエ調アレンジで。

シンプルな照明と相まってクールででもアツくて
…あなためっちゃめちゃカッコいいですからっ!
これで惚れちまう新規ファンも中には絶対にいるはず!などと勝手に調興奮状態でした。

てか、かっこよくなかった?この曲のアレンジ、照明、へそんの3点セット(セットかい)。

おそらくへそんは何万遍とスティービーのこの曲(&その他の曲も)を聴いてきたんだろう。。
へそん…彼はつかみどころのない不思議な生き物であることはさることながら、歌手としてもとっても不思議な歌い手さんだと常々思っており…
というのは、彼は自らの持ち歌を歌ってる時もとってもイイんだけど、他の誰かのカバーを歌うときがこれまた最っ高にイイ声で素敵雰囲気に歌うんだ!(それがたまらない)
一般的にカバーが原曲を上回ることってほとんどないんじゃないかっていうのが私の超勝手な持論なんですが、その対象からへそんは除外!…ファンとしての色眼鏡かかってますかね。十分かかってんですよね当然…。もしも気を悪くされる方がいらしたらごめんなさい。カバーすることそのものを否定してるわけではないんです。曲ががらっとかわる面白さも勿論ありますし(最近(でもないかな)でいえば徳永英明さんがリリースされたカバーアルバムは凄くいいなと思いながら聴いてました)。


話をスティービーワンダーに戻して…
この曲に限らずへそんはスティービーの歌をこれまできっとたくさん聴いてきたんだろう。血となり肉となり…息を吸ったり吐いたりするように自然に…心臓の拍動みたく随意筋じゃなくて不随意筋?的に、なんつーかこう自然と自分の中へ深く沁み込み沁み込みさんざん沁み渡った挙句、自然と吐きださずにはいられなくなったくらいに咀嚼されたのち生み出されたへそんバージョンのこの曲…
へそんのボーカル、音符の規則から微妙に少しずつ外された自由さと彼ならではの持ち味、声のゆらゆら揺らぎ感!もうめちゃめちゃその総合的セクシーさにあてられちゃって、オイラたまんなかったっす。ほんとクラクラしたよ。官能的っていうのはこういうこというのかな。

よく言うじゃない?先日もmixiかなにかの「男性がセクシーに見える瞬間top10」的なアンケートがあったのをみかけたんだけど、よく上位の常連に「男性が(かっちりしたスーツ姿から)ネクタイをフッと緩めた無防備な瞬間」みたいなのが。定番すぎー!だけどけっこう根強く支持あるよねこの仕草。

で、あのスティービーの曲歌うときのへそんこれに通じるものがあったというか、滅茶苦茶セクシーじゃありませんでした?音符をネクタイにたとえると(なんて乱暴なたとえ)、かっちりした音符をフッと崩しちゃったよ、みたいな。ちょっとかっちり気味で規則性もあるのに、そっからちょっとずつはずしたよ、みたいな確信犯的な。でも計算されつくした機械的な気持ち悪さみたいなものは皆無で、ファジーな心地よさだけが残る、みたいな。しかもコーラス隊とギターとドラムと官能的に絡む絡む!官能的な楽器同士のセッション!はじめからおわりまで楽器と絡みながらファルセット炸裂しまくり!高音部分をふぁ~っと鳴らすへそんの喉。柔らかく有機的な声の持ち主なのに、たまに無機質的な音…金管楽器的な硬質音のシャウトも織り交ぜたり。…あなたこれ反則技連発ですってばっ!

以前なんかの番組でシナとして6人が出演してた時だったかな。たぶんviewsic(現M-on!)の神話特集かなにかのときだったと思う。ミヌがヘソンのことを「歌ってる時もいいけどへそんはコーラスしてる時も凄くいい」みたいに言ってて。その時のミヌの言葉を詳細には覚えてないけどニュアンスとしては「ふふ~ん♪」て感じでラフにコーラスつける、みたいな、ファルセットつける、みたいなそういう能力がへそんは凄い、という意味のこと言ってたのよね。それ聴きながらへーそーなんだ!さすがミヌはプロデューサー的なことまでトータルで考えて歌作ってるんだなって…5集のFreeの頃だったかな…たしか…んーどーだったか忘れた!でもメインのライン歌ってるのもいいけどバックでコーラスつけてたりファルセットしてたりするへそんが凄くいいって誉めてた記憶があるの。で、仕事が終わってネクタイをフッと緩める…じゃないけど、このへそんのファルセットって、いつもそれ反則だよって思ったりするんですが「本来かっちりしたもの(ネクタイないしは音)をフッと崩した瞬間の絶妙なセクシーさ」て種類の音が彼のファルセットだったりバックコーラスだったりそういう音の中にすんごく宿ってるのよ。そこが彼の歌の持ち味のたまんないんところでもあると常々思ってて。

で、今回のライブで披露されたスティービーワンダーの"part time lover"ではその本来かっちりしたものから崩して崩して…みたいな反則技炸裂だったっていうか、へそんの歌、ファルセット、なにからかにから若干不規則気味に遅れた音とかもなにもかもが最高潮に滅茶苦茶セクシーに鳴り響いてたんですよ。ていうかへそんの曲解釈と表現力の凄まじさをまざまざと見せつけられる曲だったよ。崩して揺らいで優しく歌って、アクセント、硬質的に響く無機的シャウト!もーメリハリ入りまくり。すげーよ。凄すぎる。酔うよ、これ。


ああああたし何言ってるんだろう述べすぎ。すみません。
んーがしかしなによりこの曲アレンジもとってもよかったし、照明も会場の音響バランスも凄く良くて、
今ライブはこの曲に限らずバンドさん達の力量がもの凄く高かったような気がする…力量っていうかメンバー感の相性なのかな?ダムビ譲のコーラスは言わずもがな、ドラムとギターさん達が最高よかったように思う。ベースはたまに…(むにゃむにゃ)だったけど(気のせいかな)。

コーラス隊とへそんの声の相性も超ばっちりで…!なんか不協和音がなかったんだよね今回、へそんの声とコーラスとの間に。周波数が微妙にずれるとハウるみたいな、そういうのがなくて。
ダムビ嬢相変わらずめちゃめちゃ巧くていい声してるしへそんの声と超合ってるし!寄り添って歌うけどもでしゃばりすぎることなくあくまでへそんのこと立ててて、でもちゃんと彼女の声の存在感はあって、へそんもダムビ嬢を気づかいテンポをはじめ声の音量も適宜合わせてて。もー美しすぎますからあなたたち!私、へそんにいつか特別な存在の人ができたとしても、ダムビ嬢とへそんの組みあわせほどうらやましいものはないかもしれないよ。だって至福のひとときでしょうよ。彼は歌しかできないと宣言してて、唯一それで一生生きてこうとしてる歌の世界を共有してひとつの音楽をつくりあげてくんですから。こんなめちゃめちゃセクシーな出来事、他にないでしょう。

途中、ギター1本でダムビ嬢と披露された"Falling Slowly"。ここのへそんとタムビ嬢ふたりのファルセットの響きと重なりがもー鳥肌モンで!ダムビ嬢の声もどこまでも深く美しいことはさることながら、驚いたことにへそんの裏声がこれまたよじゃに負けないくらい高く柔らかくどこまでも霞のように響く。はー、人間てこんな声出せるんだと思ったよ。へそんは以前から声は楽器といってるけどほんとだな。こんな多彩な種類の音を鳴らせて低音から高音まで自由自在に駆け巡る美しい楽器なんてあなたのノドの他に、なかなかないよ。


んー、夜中はいかん。いらんこと書きすぎた。
# 朝読み直して恥ずかしくて消去してたりして。がはは!

へそん本人の力量だけでこの曲の完成度が高まったわけではないんでしょうけど、すっかりこの曲の原曲の魅力もさることながら、このステージから醸し出される魔力みたいなものにすっかりやられました…また見たいな、こういう瞬間。


あ、書き忘れたので最後に。
表題のスティービーワンダーのアルバム"IN SQUARE CIRCLE"、ほんと名曲揃いで、Track_03 "whereabouts"もすんごい名曲。これもへそんが歌ってるのを聴きたい。そしてラスト一コ前のTrack_09 "Overjoyed"、これがすんごい名曲なの!イントロの打ち寄せる波のような漂うシンセ音、朝露の降りた高原に透明に響いてく鳥の声みたいなサンプリングをはじめ、歌いだしのスティービー・ワンダーのなんともいえず透明感のある、でも芯がしっかりありどこまでも愛に包まれた美しい声、全てが素晴らしく…実はこのアルバムで一番好きなのは"part time lover"よりこの"Overjoyed"かもしれないです。いつかこの曲をVINKのピアノ弾き語りでへそんがしっとり歌うのを聴いてみるのが夢。


以前これもなにかで書いた記憶があるんですが、へそん、いつかリクエストライブやらないかな。
事前でもその日でもいいの。ほぼ即興に近い状態で客席から寄せられたリクエスト曲を選ぶの。ライブハウスみたいなちっさい会場で客席から曲名書いた紙集めて。その場で曲選んでVINKが即興でピアノ伴奏つけてへそんが歌い、今回のバンマス?だったっけ?ギターの彼がギター弾くのさ。んで、ダムビ嬢がふふふ~ん♪的な即興コーラスつけんの。パーカッションなんかもあるといいな。いつか実現しないかな。



長くなっちまった。。


ま、へそんの歌はやっぱ最高だってことで(爆)




● COMMENT FORM ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

かぎこめDさま^^

こちらにもコメントありがとうございます^^
白寿ホールって言ったことないですけど良いホールなのですね。

へそんにはそろそろ超アーバン!な感じでがつんと一回やってみてほしいです^^

Re: タイトルなし

かぎこめPさま^^

> とにかく何を歌ってもへそんの歌は最高って事ですね。了解です(笑)

ははは!

へそん、以前来日時、スティービーのコンサートに行っていたんですか。しらなかった!
スティービーの舞台はまだ見たことないんですがいつか行ってみたいです。

あ、あのメントの時やっぱりダムビ嬢のことを美しいって言ってたの?
あたしあれねコーラス隊が小→中→大みたく右から順に階段状に並んでるのが
美しいっていったのかと勘違いしてた^^;
なんとダムビ嬢に言ってたとは。むきー!(ジョウダンデス)

Re: タイトルなし

かぎこめP様^^

2通目の件、けんちゃなけんちゃな~!ダイジョウブデス^^

Re: 少しつづ聴いています。

鍵コメSさま

先日はいろいろありがとうございました。
不器用で歌しかない。その歌をとりあげられることがなくて本当によかった。
今回のライブ声のコンディションが凄く良かったと思います。
これを機に不摂生はやめて邁進してほしいところ。
外見はむきむきにならなくていいから!(爆)


スティービーワンダーが歌うpart time loverも好き。

でも、ヘソンが歌うとなんてセクシーなんでしょうか・・・
「こ、こんな大人の歌詞、歌うんですか?」とドキドキしてるこちらがわをよそに
見事に、ヘソンワールドを展開してくださいましたね。

アコースティックコーナーの〆に
この曲をもってくるとは、心憎すぎでした。

しかし、ヘソンという歌手、どうしてここまでカバーがうまいんでしょうか。
今回、日本で行われているコンサートではあるけれど
かなり韓国を意識しているカバー曲の選曲だなと思うんですが。
多くの人がカバーしてる曲をあえて、カバーする。
わたしは、ペンだから思うんでしょうけど^^;
ヘソンは、どの曲もヘソンの持ち歌のように聞こえました。

言語の壁を越えて、カバーアルバムをぜひ出して欲しいですね。

Re: タイトルなし

bamuseたん

> スティービーワンダーが歌うpart time loverも好き。

元歌ももっちろん大好きなのだけど
へそんばーじょんは凄いインパクトありましたー
まさかあのようなアレンジでくるとは。

ほんとこの方、カバーうまいですね
カバーアルバム出してほしいに1票!


管理者にだけ表示を許可する

2010 SHS LIVE CONCERT IN TOKYO "Find voice in song" ライブ備忘録(その2) «  | BLOG TOP |  » 2010 SHS LIVE CONCERT IN TOKYO "Find voice in song" 関連記事 & ライブ備忘録(その1)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
Live (20)
御挨拶 (3)
雑感 (16)
新譜 (20)
つぶやき (11)
ニュースより (3)
雑貨 (4)
SHINHWA (2)
sports (1)
感想 (1)

月別アーカイブ

プロフィール

sori27

Author:sori27

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。