スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 SHS LIVE CONCERT IN TOKYO "Find voice in song" ライブ備忘録(その2)

2010 SHS LIVE CONCERT IN TOKYO "Find voice in song"備忘録その2。
ようやく完成。相変わらずつたなく自分視点からの感想ですがよろしければ下記に…。

hyesung_20100614120936.jpg
.
.
SHS LIVE TOUR IN TOKYO "Find voice in song"から数日経ち…

反芻するように幾度も思いだしながら
今回のライブ、物凄く打たれるものがあり
その感覚を言葉で表現しきれずもやもやしてたのだけど
(むりに言葉にしなくてもいいのにね。そこんとこは哀しいサガかな…)

この先は憶測です。
一ファンでしかない私が本人のこと分かるはずもない。
全ては歌や舞台から受ける印象でしかない。
そのことを忘れないよう努めつつ書くことがもし許されるなら。


hyesung03.jpg


ひとことでいうなら「鎧」

へそんは無防備であけっぴろげそうな一面も垣間見えるけど
どちらかというと内向的で自分を守るための殻や鎧をまとってきた部分もあるんじゃないかな。

自分を守るための鎧。
誰しも持っていて、その時々、脱いだり着たり。もしくは薄くしてみたり。

なぜだか、以前からへそんはそういう鎧をまとってるように感じてて。
それが今回のステージでは何かを達観したというか
何かをがつーんと吹っ切った、吹っ切れたような姿に見えたのね。
で、ダイレクトに、音楽の楽しさ、歌の美しさとかがこっちに伝わってきて。
見てて単純に「楽しい」「音楽って凄い」シンプルにそんなふうに思えた。


「向こう」と「こちら」
「歌い手」と「観客」の間に薄いベールが挟まってたとしたら、
それらがいっさいがっさいとっぱらわれて歌がそのままダイレクトにこっちにずがーんと届く感じ。
物凄くそういうエネルギー量みたいなものを受けたの。

それってどうしてなのかなあって考えてて。
これまでと何がちがうからそうなったのかなって。。
私の聴く側のコンディション?ゼロじゃないだろうけど。


一件以来、長かった空白の期間、
本人がいったい何を思い考えどんなふうに…

家族に対する思い、神話メンバに対する思い、
歌に対する思い、音楽に対する思い、ファンに対する思い、、
どんなふうに何を考え過ごしてきたのか私にはわからないけど。

つらい時期(まだ続くのかもしれないけど)を経、
身にまとっていた余計な鎧や殻がなくなりつきぬけた姿のように感じました。


自分を守るための鎧は自分を守ってもくれるけど、
「外」から「内」へと必要なものが来たとしてもはねつけてしまうこともあるだろうし、
「内」から「外」へと歌でもなんであっても「何かを発信」するときに障壁にだってなりうる。

抽象的なイメージに終始して申し訳ないですが
以前からずっとそんなふうにへそんの周りにあると感じてた「目に見えない鎧みたいなもの」

それが今回感じられなかったというか
勿論全くないわけではないんだろうけど、
それらがとっぱらわれたように感じたの。


で、昨夜、作詞家でもある立花裕人さんのブログを訪れたとき、目から鱗の表現がそこにあって。


      「プライドとエゴの部分」


これです、これ!

鎧。
自分を守ってもくれるけど、
プライドとエゴも含んだ面もある。
へそんに限らず誰にでもある。

プライドとエゴは必要で
プラスになることもあり、
マイナスになることもある。

今回、余計なプライドとかエゴとか打破して脱ぎ捨ててつきぬけてきたように感じたのね。
昆虫で例えれば…脱皮?(虫にたとえてごめん、へそん)


その姿が舞台のコンセプト「スピード感」とマッチして
今回、ロック調の曲が凄くよかった。踊りも物凄くよかった。

これまでのへそんの舞台にはちょっと足りなかったかもしれない「スピード感」とか「キレ」
それが今回の舞台では物凄く出てたように思います。
こんなこともできるんだ、凄い!ってかんじ。

12年選手のシナメンバを捕まえて何を言うってかんじだけど、
余計な鎧に邪魔されて彼の本来持ってる良さが出しきれてなかった部分もあると思うの。


途中、心底観客を沸かせた、揺らせたSHINHWAメドレー。
ここでも踊る踊る!あんなに踊れたんだへそん。と思った(ごめん)。
彼の持ち得るMAXの切れ味とスピード感で、全身全霊かけて踊ってたと思う。
その姿に打たれたんだと。。

なにに感動するのかって人それぞれなんだろうけど
私はなんつーかこー…くさい単語でいえば奴の「魂」みたいなもの?

躊躇なく剥きだしの「魂」を「こちら側(観客)」に
容赦なくこれでもか!と言わんばかりに
全身全霊かけてぶつけてきたそのエネルギーに物凄く打たれた。
人は無我の境地に達したときに途轍もなく最高のエネルギーを生みだすように思う。

ただシンプルに
歌が好きという気持ち
歌を聴いてくれる客という存在への感謝
両親への感謝、スタッフへの感謝…

これまでにもその気持ちがなかったわけではないのだろうけど
今回見せてくれたその感謝の気持ちと姿勢の伝わりぐあいには物凄いものがあった。


どうかこの先も


ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと歌っててください。




にしてもこのエントリ
編集に時間かかった割にはぜんぜん備忘録になってない気が…お恥ずかしいかぎりです。。



シンプルに「自分にできることは歌を歌い続けること」と言い切る歌手にむけて
シンプルに「自分にできることは歌を聴き続けること」と言い続けられる確信だけはありますからっ。
などと書くのは簡単だけど彼にとって


         「自分にできることは歌を歌い続けること」


それも一件について記者会見で謝罪した上で

 
         「自分には歌うことしかできない」


と皆の前で言いきるまでの道のりは生易しいものじゃなかったと思う。
プライドの強い内向的な彼があの場に出るにはどれだけの覚悟がいっただろう。
勿論、成人した一人の大人が自分の行動に対して反省し謝罪するのは当然のこと。
だけど「覚悟」なんて生易しい言葉じゃないほどの危機感が彼にはあったのだと思う。
1年弱の謹慎期間中「もう歌えなくなるかもしれない」という恐怖にどれだけ襲われただろう。
自分を支えてくれる周りの人々に失望を与えてしまったことへの後悔、自らへのふがいない思い。
閉じこもって閉じこもって閉じこもって、歌えなくなるかもしれない恐怖とたたかう日々。


        「自分には歌しかない、これをとりあげられたら生きていけない」
 

大袈裟だけど生きるか死ぬかの瀬戸際だったんじゃないかと。。
鎧なんて着てる場合じゃないと余計な殻を削ぎおとして直球で放たれた歌は
余計なベールに包まれることなく痛いほどダイレクトにこちらへ伝わってきた。
理由がどうあれ背景がどうあれ、この無我の境地の姿や歌にうたれずにいられるだろうか。

別にお涙頂戴ものにしたい訳でもなく、綺麗事にまとめようと思って書いたエントリでもない。
今回の舞台の出来が良かったことと、例の件をどうしても繋げて考えたいわけでは決してない。
ひたすらシンプルに、鋭敏に刺さるほど歌への思いがダイレクトに伝わってきた今回の舞台。
全身全霊をかけた彼の「歌への思い」に心底揺り動かされたという事実を記しておきたい。


これからもいい作品を作ることがあなたにできること。
これからもいい作品を作ることはあなたに「しか」できないこと。

誰かに「しか」できないことができるっていうのが凄い。
好きなことにずっと継続してエネルギーを傾けられるその姿が眩しい。
本当はこんな生易しい言葉じゃ表現できないけど他の適切な言葉がみつからない。



本名、ちょん・ぴるぎょ。


芸名、しん・へそん。
漢字で書くと、新彗星。


ここのとこ見ないな~と思うと、彗星さんはやってきます。
いたずらっこのようにすっとあらわれ、地上に綺麗な破片をきらきらと披露したあとは
心にどっかーんと大きな(それもたいそうやっかいな種類の)クレーターをご丁寧に残して去っていく。



…どーしてくれんのよっ (そう言われましても)



「歌を聴き続けること」それだけが天を仰ぐ側の願いです。



ライブ終盤、"幸せな瞬間"の映像とともに歌われた
Whitney Houston "Greatest Love Of All"に通じる歌への姿勢


           I decided long ago
           Never to walk in anyone's shadow

           If I fail if I succeed at least
           I'll live as I believe
           No matter what they take from me
           They can't take away my dignity


           どんなことがあっても
           なにかの影を歩むことはしない

           失敗でも成功でも
           自らの信念の基に生きてゆきます
           なにものにも尊厳を奪われはしない        
           


hyesung02_20100614121151.jpg


「歌うこと」唯一無二、なにものにもかえがたい究極の楽器を天から授かったもののつとめ。






● COMMENT FORM ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

1週間経っても、まだ心の中にほっこりとしたときめきが残っています。
先回のコンサートから、よく考えたら1年経っていなかった。
でも、ずいぶん経ったような気持ちがしてました^^;

先回のコンサートもすごくよかった。
一抹の不安を抱えつつ、だからこそかな・・・
脳みそが必死にこの素敵なコンサートの
ヘソンさんの声と姿を忘れないようにと!
フル回転していたように思います。

先回と今回、比べようのないくらい両方とも楽しかったですが
今回は・・・
新しいヘソンさんが出現してきて
それが、今さらながらにかっこよくてまたまた、恋におちてしまったみたい
(きゃっ、はずかしい!)
初日は、ビジュアルに目を奪われ、
翌日は、歌声に聞きほれて、
こんな素敵な人だったっけ、ヘソンさん?と思うくらいに(ごめんなさい)

今回は忘れようと、いえ仕事中だから、出てくるなと心で叫んでも
相当強烈に脳みそに刷り込まれたらしく、やっかいなことになってます。

ここのとこ見ないな~と思うと、彗星さんはやってきます。
いたずらっこのようにすっとあらわれ、地上に綺麗な破片をきらきらと披露したあとは
心にどっかーんと大きな(それもたいそうやっかいな種類の)クレーターをご丁寧に残して去っていく。

まさにそんな感じで、があこたん、相変わらずうまいことおっしゃっる!

コンサートの感想はうまく書けないのでご容赦を。

わたしたちペンを楽しませようと、
苦手なダンスを練習し、様々なジャンルの曲、日本語詞を覚えて
楽しい映像まで用意してくれてとてもうれしかったです。
楽しかった~♪

あっ、あの4人のヘソンさん。
誰が一番好き?と聞かれて一瞬、真剣に考えたよ^^
選べない。。。

はじめまして。

はじめまして!seesaaといいます。
書くきっかけがなかなかなくて、ずっとROM専でした。
こんなふうにヘソンさんのレポかいてらっしゃる方がいらしてうれしいです。
読みながら、きづいたら涙出てました。今回のコンサートとてもよかったです。

ヘソンさんの歌のファンでもありますが、
sori27さんの文章のファンでもあります☆
こんごも読みに来ますね。

つたない感想で、すみません。


Re: メールありがとうございました。

かぎこめSさま

お返事遅くなりました。
先日、メールではいろいろありがとうございました。

へそんの成長が見えたコンサートでした。
秋に発売予定の正規4集が楽しみですね。
いろいろ冒険してくれるといいなと思います。

Re: タイトルなし

かぎこめPさま

こんばんは!
月日はあっというまに経ちますね。
次に聴けるのはいつなんだろうと既に待ち遠しいです。

今回のステージは本当に物凄い成長で驚きました。
2日間どちらもファイナル、という感想に同意です。
初日の舞台終了後、スタッフ全員と手をつないで挨拶したのも驚きました。
今まであんなことしたことあったっけ?

これから…さらなる脱皮を期待(爆)

Re: タイトルなし

かぎこめMさま

はじめまして!ようこそお越しくださいました。
感想ありがとうございました。

今回のシナメドレー、凄かったですね。
ダンスにもキレがあったし、鍛えたのかな。
perfect manのとき、息があがってなかったのが凄いなと思いました。

まだまだ本国の世論の目はきびしいのかもしれませんが
ようやく第一歩、を踏み出せたのではないかな。
秋の4集がどんなアルバムになるか楽しみですね!

また遊びにいらしてくださいね^^

Re: タイトルなし

bamuseたん

うんうん、
初日はとにかくあっけにとられてる間に終わってしまった感じ。
翌日は少し落ち着いて見れたけどやっぱりあわあわしてました。

腕がちょっとむきむきになりすぎた感はあるけど
歌がうまくなるなら筋トレもどんどんやって頂戴~!
スタミナつきましたよね~。肺活量なのかな?
perfect manの時本気でがんがん踊ってたけど
その後の歌声がブレてなかったのが驚きでした。

> 今回は忘れようと、いえ仕事中だから、出てくるなと心で叫んでも
> 相当強烈に脳みそに刷り込まれたらしく、やっかいなことになってます。

脳みそに刷り込まれる…
凄い表現だ(爆)でもそうかも。まさにそうかも。。

> あっ、あの4人のヘソンさん。
> 誰が一番好き?と聞かれて一瞬、真剣に考えたよ^^
> 選べない。。。

炭水化物だらけの料理は遠慮しますっ^^;
おりんわんじゃなへそんよりシナへそんが好きだと思いましたやっぱり!

Re: はじめまして。

seesaaさま

はじめまして!
ようこそお越しくださいました^^

ROM専でも気になさらないでください^^☆
感想お伺いできれば勿論嬉しいですが無理に書くものではないので気楽に…^^;

まいど、へそんの歌が好きってことしか書いてないような辺境ブログですが
よろしければまた遊びにいらしてくださいね^^


管理者にだけ表示を許可する

閃光と残像と残響音 «  | BLOG TOP |  » part time lover@IN SQUARE CIRCLE

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
Live (20)
御挨拶 (3)
雑感 (16)
新譜 (20)
つぶやき (11)
ニュースより (3)
雑貨 (4)
SHINHWA (2)
sports (1)
感想 (1)

月別アーカイブ

プロフィール

sori27

Author:sori27

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。