スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘソン日本オリジナルアルバム曲試聴、第3弾公開

top.jpg

2/24発売のオリジナルアルバム、先日公開されたタイトル曲「虹の向こう」を含めた4曲に加え、
今日から下記4曲も視聴できるように。こちらでどうぞ。

Track_07. 僕らの永遠
Track_08. もっと君と
Track_09. 春の中で
Track_11. 遠い世界

.
.
先日公開された曲紹介から、本日公開の4曲分をこちらにコピペ。

7. 僕らの永遠
Lyrics by 久保田洋司 / Composed by Erik Lidbom / Arranged by Erik Lidbom
この曲もまた、韓国でのシン・ヘソンのソロワークスでは馴染みのないタイプの楽曲です。
軽快な16ビートのギターのカッティングにのせて、今、手の中にある愛が永遠であることを歌った。
バラードで表現しがちなメッセージを軽快なサウンドにのせることで、バラード歌手シン・ヘソンの奥行きの深さがより伝わる一曲。


8. もっと君と
Lyrics by 久保田洋司 / Composed by Erik Lidbom, Josefi n Gustafsson / Arranged by Erik Lidbom
アルバム収録曲の中で最も踊れる楽曲。最新型のダンサブルなアレンジが聴き処。


9. 春の中で
Lyrics by 宮川ユカ / Composed by 今井晶規 / Arranged by Vink
バラードの貴公子シン・ヘソンの真骨頂である泣きのメロディに和テイストを加味した新機軸のバラード。春の憂い、やわらかさのような優しい愛を表現。


11. 遠い世界
Lyrics by 久保田洋司 / Composed by Paul Drew, Greig Watts, Pete Barringer, Douglas Shawe / Arranged by Paul Drew, Greig Watts, Pete Barringer
時には仰々しく感じる恐れのある思いを軽いビートに乗せてさりげなく染み渡るように表現したミディアムテンポのバラードです。聞いているとシチュエーションが目に浮かんでくるようなグラフィカルな世界観の詞にも注目。




やばいです。



Track_09 春の中で



どストライクです。




ヘソンは幸せな曲調のものを歌っても◎ですが、
彼の真骨頂はこういう哀しい曲の中にみられると思う。
それが彼のファンでいつづけるゆるぎない根幹の理由。
SIDE II「ねがちゅごが」のような哀しい曲を歌ったら右に出るものはいない。


予想外でした。。
J-POPを歌うなんてどうなることやらと思ったけど
まさかこんなどストライクな曲が収録されてるなんて。嬉しい。。
# あとで気づいた。編曲はVINKなんですね。


。。



ところで、本日、とある書店にたちよったところ
最新号の「韓流ぴあ」初春号にヘソンのインタビュー記事が載ってました。

ph_book.jpg

ただいまキャンペーン期間にて、2/10までだったかな。
下記オリジナルはがきが応募者全員プレゼントで貰えるそう。
送料も無料とな。。期日など詳細は上記リンクでご確認をば。

head_postcard.jpg



それはさておき


インタビュー内容。オリジナルアルバム完成にあたり


     日本語の発音は難しかった。
     でも最も気をつけたのは「歌に感情が込められているかどうか」



という意味合いの。
# 日本語の発音がスムーズであれば勿論望ましいのはさることながら、
# 逆説的にいうなら、幾ら日本語が流暢に発音されていたとしても
# 感情がこめられていなければヘソンならではの歌として耳に届くことはないでしょう。。


選曲にあたっては


    選曲は自分だけでしてしまわずに他の人の意見をとりいれた
    聴いてくれる人が喜んでくれるアルバムにしたかったので



とのこと。



ソロになり数年経ち、自分が成長したと思いますか?という主旨の問いに対して


    自分が満足するような成長はしていない。
    まだ途上



という意味合いの受け答え。


成長した、満足だ。なんて今の段階で答えられても、おい待てって感じだけど
その意気だ、へそん。
彼はずっと自分の歌に満足することはないでしょう。満足してもらっては困る。



これまで書いたことないこと書きます。
彼はいつか恋愛が成就して幸せになったとしたら、
これまでの哀しい曲を、これまでのように哀しく響かせ続けられるのだろうか。

私生活は幸せになってほしいけど
彼の真骨頂である「哀しい響き」は保ち続けてほしい。
まったくもって一ファンとして我儘で勝手な願いだけど、たまにそんなことが気になったりします。



…余計なことを書きました。
そんな一ファンとしてのどうでもいいつぶやきはさておき、

いよいよ今月発売となったアルバム、実際に聴けるのが楽しみでなりません。



【追記】
ん~「僕らの永遠」も最初耳になじまなかったけど実はへそんのボーカルの良さが出てるかも
日本語の発音は…惜しい(←"つ"と"ず")


● COMMENT FORM ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: おはようございます。

かぎこめSさま

こんばんは。
うんうん、「春の日」がこれまで私たちが最も馴染んでいる「ヘソンの歌」らしいかな。
このアルバムでいろんな顔を見せてくれてることと思います。

母国以外でのはじめてのフルアルバム。
母国語以外で歌われた曲たちに「ヘソンのうたごころ」が反映されているか
その点に注目して聴いてみたいと思います。

手元にアルバムが届くのが楽しみですね。


管理者にだけ表示を許可する

ヘソン日本オリジナルアルバム曲試聴、第4弾公開 «  | BLOG TOP |  » 久々に音楽以外のネタ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
Live (20)
御挨拶 (3)
雑感 (16)
新譜 (20)
つぶやき (11)
ニュースより (3)
雑貨 (4)
SHINHWA (2)
sports (1)
感想 (1)

月別アーカイブ

プロフィール

sori27

Author:sori27

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。