スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘソン日本オリジナルアルバム曲試聴、第2弾公開

shin_find.jpg

へそん公式にて、日本オリジナルアルバム曲試聴、第2弾公開。
全11曲の曲紹介も(追記)。一気にきたな…まだ発売まで1か月近くあるんですけど。思わせぶり。

オリジナルアルバムは、先日公開されたタイトル曲「虹の向こう」に加え、
今日から下記3曲も視聴できるように。こちらでどうぞ。

・Track_05 GONE TODAY
・Track_06 コトバにできない
・Track_10 銀河

ベストアルバムからは、「なぜ電話した」日本語ver.のサビが聴けるように。
.
.
へそん公式より、全11曲の曲紹介。



★1. 虹の向こう
Lyrics by 久保田洋司 / Composed by Anders Grahn, Alexander Holmgren, Andreas Johansson, Christina Undhjem / Arranged by Anders Grahn, Alexander Holmgren, Andreas Johansson
今は共に歩むことのできない仲間との絆/仲間への思いを歌詞にして歌い上げた壮大なロックバラード。サビに向けて大きく展開していく美しいメロディが印象的でそれと共にメッセージの強さも伝わってくるような荘厳な一曲。


2. 君の夢
Lyrics by 久保田洋司 / Composed by Junkoo, Andreas Johansson / Arranged by Andreas Johansson
メロディ、歌詞ともに少し大人の香り漂う、別れた恋人への思いを切々と歌ったラブ・バラード。どうにもならない思いを繊細かつダイナイックな歌唱方法で、そのメッセージにリアリティを持たせ大きく響き渡るスケールの大きな一曲。


3. 友達
Lyrics by 久保田洋司 / Composed by TJ Mixx, Fredrik Samsson, Andreas Levander / Arranged by Fredrik Samsson
友人以上、恋人未満の存在の人との間に起こった自分の気持ちの変化を心地よく軽妙なメロディとアレンジで仕上げた明るいポップス。


4. Night Date
Lyrics by 久保田洋司 / Composed by Erik Lidbom, Olle Lidbom / Arranged by Erik Lidbom
誰にでも覚えがあるはずの愛を育み始めた頃のトキメキ、ワクワク感、溢れる思いをアップテンポに乗せて躍動感あるポップスに仕上げました。韓国でのシン・ヘソンのソロアルバムでは披露したことがないスタイルの曲に彼の挑戦を感じて欲しい。


5. GOND TODAY
Lyrics by 立花裕人 / Composed by Vink / Arranged by Vink
このアルバムの幅広さを象徴するような、一番"攻め"感のあるロックテイスト溢れる楽曲。
シン・ヘソンのソロワークスやSHINHWAのアルバムにも参加しているvinkのプロデュース作品。
Vinkならではのサウンドにも注目。またシン・ヘソンの幅の広さが証明される一曲。


6. コトバにできない
Lyrics by 立花裕人 / Composed by木住野佳子 / Arranged by Vink
桜の花びらが舞い散る"日本の春"をイメージして書いてもらった曲。シン・ヘソンのソロアルバムを聞いたことがある人にも耳なじみがよい珠玉のバラードです。


7. 僕らの永遠
Lyrics by 久保田洋司 / Composed by Erik Lidbom / Arranged by Erik Lidbom
この曲もまた、韓国でのシン・ヘソンのソロワークスでは馴染みのないタイプの楽曲です。
軽快な16ビートのギターのカッティングにのせて、今、手の中にある愛が永遠であることを歌った。
バラードで表現しがちなメッセージを軽快なサウンドにのせることで、バラード歌手シン・ヘソンの奥行きの深さがより伝わる一曲。


8. もっと君と
Lyrics by 久保田洋司 / Composed by Erik Lidbom, Josefi n Gustafsson / Arranged by Erik Lidbom
アルバム収録曲の中で最も踊れる楽曲。最新型のダンサブルなアレンジが聴き処。


9. 春の中で
Lyrics by 宮川ユカ / Composed by 今井晶規 / Arranged by Vink
バラードの貴公子シン・ヘソンの真骨頂である泣きのメロディに和テイストを加味した新機軸のバラード。春の憂い、やわらかさのような優しい愛を表現。


10. 銀河
Lyrics by 久保田洋司 / Composed by TJ Mixx, Play Production / Arranged by TJ Mixx
満天の星空を思わせる壮大なスケール感のあるメロディとアレンジが聴きどころの究極の愛の歌。
大切な人が以前から発信していたサインに気がつけずに傷つけてしまったことをとても後悔して、普段は、言葉にして伝えることが得意ではない彼が精一杯の気持ちを言葉にして伝えるというシチュエーションで作った愛のメッセージソング


11. 遠い世界
Lyrics by 久保田洋司 / Composed by Paul Drew, Greig Watts, Pete Barringer, Douglas Shawe / Arranged by Paul Drew, Greig Watts, Pete Barringer
時には仰々しく感じる恐れのある思いを軽いビートに乗せてさりげなく染み渡るように表現したミディアムテンポのバラードです。聞いているとシチュエーションが目に浮かんでくるようなグラフィカルな世界観の詞にも注目。



やー、こうして曲解説まで出揃うと一気に実感わいてきますな。。

# でも発売までまだあと一カ月近くあるんだよな。。



んで、こちら。

同時発売ベストアルバム収録「なぜ電話した」日本語ver.も試聴可に。

Track_17 どうして電話したの…~日本語Ver
Japanese Lyrics by Yoji Kubota/Lyrics by Ha jung ho/Composed by Ha jung ho/Arranged by Ha jung ho



shin_best.jpg


「なぜ電話した」日本語ver.は

。。。

微妙。。

原曲をあまりにもくりかえし聴きすぎて
韓国語の音の響きのイメージが強く残ってるからなんだろうなー。

まだサビんとこしか聴けないけど、
日本語詞は、韓国語詞に忠実な内容になってるようだけど、
韓国語詞のときのようなリズムに乗ったハネ感がないのよね。。
なら韓国語曲を聴いてればいいじゃんって話もありますが、なんだか、おしい。。

かといってJ-POPとして聴いたらどうかっていうと
なんとなくリズムがもったり重くて平べったく聴こえるのよ。
♪どれだけ愛してたか~♪の字余り感も。。
♪やりなおそう 僕らの愛を♪て日本語で歌われるとどうしてだか気恥ずかしいんだよなー。。
歌詞のせいだけでなく、本人の、日本語詞の転がし方の経験の少なさとかもあるんだろうなぁ。


この曲をヘソンの歌を全く聴いたことがなくまっさらな状態で聴ける人にはどう響くんだろう。




まー「なぜ電話した」日本語ver.についてはさておき、
公開された4曲のサビだけ聴いてものいうには時期尚早だけど、
インスピレーションだけでいうなら視聴できた4曲の中では
タイトル曲「虹の向こう」が一番へそんらしさもありつつちゃんとJ-POPになってて好きだ。


あ~でも!
"GONE TODAY"、ライブですっごい盛り上がるかも!
て、これVINKの曲じゃん。

さすがVINK、ヘソンの声を活かしてくれている。
ボーカルとコーラスの重なり感やスピード感が凄くいい!

VINKのロックはJ-POPにぴったりなのかもしれない。
作詞の立花裕人さんの歌詞の響きもVINKのメロディと馴染んで心地いい。

VINKの曲はアレンジも聴きなれた感があるから耳が安心するのかも。
ん~この曲のヘソンの声、やっぱ、いい!早くライブで聴きたいです。




           ♪君をいつかそうさ あいげっちゅ~♪ だわよ。 ぎゃー。(謎)




「虹の向こう」イントロから全曲フルではやく聴きたいな。
ヘソンのソロ曲の中ではSIDE II「こじんまりらど」が好きでたまらないんですが、

「虹の向こう」はJ-POPっぽくありながら
「こじんまりらど歌唱法」にて、
静かなイントロからはじまり、徐々にぐーっとひっぱっていって
サビはけして歌いあげないけど力強く、歌の芯として聴く耳にしっかり届く、みたいな、
ほんと「こじんまりらど」で見せてくれたヘソンの歌のうまさを堪能できそうな期待曲。


…あんま期待ばかりふくらましてしまってもなんなので、ここらへんにしておきます。



あああでも
「コトバにできない」もだんだん染みてきた。。

儚い。儚い感じ。

桜の舞い散る感じをイメージして作曲を依頼したということだけど
ヘソンの声の儚い感じが凄い出てる。歌詞の響きもとても綺麗。
儚い感じが絶妙す。


「銀河」も良い…
ライブのエンディングで歌われたらうっかり涙ぐむかも。
昔のへそんの透明感のある声で歌われたバラード…
なんだったっけかな。4集のパレム…かな。あれを彷彿とさせる。
ブルーのライティングのもと、うつむき加減でこの曲を歌うヘソンが浮かびます。

…やめようやめようとおもいつつ、想像がとまりません。



● COMMENT FORM ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは、はじめまして。
いつも楽しく拝見しています。コメントしようと思いながらなかなかできなくて

聴きました!第二弾。
やるやんか~しんへそん!まだサビだけだけど。

日本のお茶の間に、
この人の歌のよさが伝わるといいな~と思います。

音楽的な感想が書いてあるところはなかなかすくないので、
いつも楽しく拝見してます。これからもあそびにきますので、どうぞよろしく。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

誘惑に負けて、聞いちゃった「どうして電話したの」

わたしとしては、「どうして日本語で歌っちゃったの」です。


日本語詞は、韓国語詞に忠実な内容になってるようだけど、
韓国語詞のときのようなリズムに乗ったハネ感がないのよね。。
うんうん、そうなのよね~。
伝えたいことは、分かるんだけど・・・

日本オリジナルアルバムのほうは、
ヘソンの新しい世界を予感。
来る日も来る日も日本語へソンを聞くその時が、待ち遠しいです^^

がんばったんだね、ヘソン(上から目線ですんません)


Re: タイトルなし

かぎこめさま、

はじめまして!

以前のブログの時からお越しいただいているのですね、
ありがとうございます。

試聴、聴かずにとっておき
アルバム全体通して初めて聴く楽しみも魅力的でしたが
結局我慢できず聴いてしまいました。

かぎこめさまは、どうでしたでしょうか。

よかったらまた気軽にコメント残してくださいね。ありがとうございました^^

Re: タイトルなし

sung_love☆さん、

こんばんは、はじめまして!
ようこそおこしくださいました。

音楽はジャンル問わずなんでも聴くのですが、
近年まではすっかりK-POPにはまってました。

「ました」と過去形なのは。。
昨年後半から趣味の時間がなかなかとれず、
K-POPのチェックもだいぶおろそかになってしまっています。

最近の新人よじゃグループ、なむじゃグループに関しては
おはずかしながらほとんど知識皆無です。。
あ、来月KARAが来日するらしい、ということだけ耳に入ってます。。

それ以外は結局シナ、ヘソンの曲ばかり聴いている感じ。
そんなこんなで、更新頻度も少なく、すっとこどっこいなブログですが、
どなたかに楽しんでいただけているのは励みになります。

またどうぞお越しくださいね。ありがとうございました^^

Re: タイトルなし

かぎこめDさま☆

へそんの歌は、初回あまりぴんとこなくても、
あとからじわじわその良さが伝わってくることがありますよね。

はじめから大好きな曲でも、
その時々の気持ちやシチュエーションによって
けっこう違って響いたりもしませんか。

げっちゅー!で客席指さされたら、
へそんへのげっちゅー返しって、ナイス。

きっと盛り上がるぞ、この曲。
あの長い指も、歌いながらスタンドマイクでぴろぴろさせてそう。

Re: タイトルなし

bamuseたん、

> わたしとしては、「どうして日本語で歌っちゃったの」です。

ざぶとん10枚!

やっぱ日本語バージョンて韓国語の響きのイメージが強くのこっちゃってるから
なかなかしっくりきません。。

今回のオリジナルアルバムのようにはじめから日本語ならそういう違和感ないけど。
がんばっただけあって「つ」が「ちゅ」になっちゃってますよね。
もとい、がんばったのに「ちゅ」になっちゃってて、惜しい。

ヘソンの歌を聴いたことがなく、
まっさらな状態でこのアルバムを聴ける人がうらやましい。
どんなふうに響くんだろう。やっぱJ-POPとして聴くと物足りなかったりするのかな。

もう私は長年ヘソンを聴きすぎて、
「ヘソン」というイメージができてしまっているから
まっさらな状態では聴けない。それが今回はちょっと寂しい。


管理者にだけ表示を許可する

久々に音楽以外のネタ «  | BLOG TOP |  » 噂の東京マガジン

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
Live (20)
御挨拶 (3)
雑感 (16)
新譜 (20)
つぶやき (11)
ニュースより (3)
雑貨 (4)
SHINHWA (2)
sports (1)
感想 (1)

月別アーカイブ

プロフィール

sori27

Author:sori27

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。