スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

想像力

20862_0.jpg

"Cut" JUNE 2009 No.247 ROCKIN'ONより。
.
.
同誌「宇多田ヒカル3万字インタビュー」より一部引用。



- これは本に書いてあるすごく泣けるエピソードなんですが。クラスの中で悲しいことがあって、友達はみんな泣いているけど、わたし(宇多田)は人前では泣けない。だからトイレに行って泣く。それでクラスに戻ってきて、平静な顔をしてたら、「なんで光ちゃんは泣かないの?あなたには心がないの?」って言われる。なかなか重いエピソードですね。

宇多田「すごく印象的だったから覚えてたんですけど・・・。そういうことがあるたびに、なんでみんなは想像力がこんなにないんだろうって思うんですよね。限られた情報だけでそれがすべてって信じ込んで相手を責めたりする人って、なんて想像力が足りないんだろうって思うんですよね。たとえばわたしが親に感じてたみたいに、でもきっとこの人にはこの人なりの事情があって、いろいろと考えたんだろうけど結局こうなっちゃってるとか、多分過去になにかがあったから今こうなってるんだろう、それは多分しょうがないことだなとか、思わないのかな。それって悲しいことだなあって思う。(以下略)」




.
.
この点においては宇多田と同じ考えだ。
想像力。具体的にそういう言葉を使って考えたことはなかったけど。


ちょっと知ってる程度の、顔見知りの知人。
その人のことを知りつくしているわけではない以上、
表面的な言動のみを捉え、あたかもその人の全容であるかの如く判断したりしないように、
そうありたいと、心がけてきた。


…こんなことをいいつつも、自分でできるかというとそこんとこはやっぱり未熟だ。
日常、ふとした他人の言動に違和感を覚えたり、怒りを覚えたりすることがある。
それは、自分の主観に一致しない言動を他人がとった時に生じる感情ではないか。


主観と客観という概念。
100%客観的ってのは到底不可能だと思う。
だからといって主観のみで意見していいかというとそれも違う。
だからといって主観を捨てきってしまえばいいかというとそれも違う。


それぞれがそれぞれの違いを認識し、
違いを認識した後に、戦うことで自らを認めさせようとするのではなく、
これはこれ、それはそれ、と、互いの違いを認めた上で共存できればと思う。
こうして言葉として並べ立ててしまうと奇麗事、絵空事のように感じるが、本心だ。



そもそも、自分のフィルターを通して捉えた事象は、その時点で既にそれが全てではない。

     「なんで、あの人はこうなんだろう?」
     「なんで、この人はこうするんだろう?」
     「なんで、あの人はこうしないんだろう?」

などの違和感。

「私」とは違う「その人」のこれまでの生い立ち、
その人がこれまで積み重ねてきた経験、その人の現在置かれている立場、
その人の人となり、その人の心のうちは、本人以外にはわかるものではなく
(時に本人ですら把握しきれないこともある(←私の場合))

「その人」のことを全て理解できるわけではないのなら、
ある種の想像力、過剰な詮索にはならない範囲の想像力、
「もしかしたら○○だからなのかもしれない」程度にとどめておく、

ちょっと考えてみて、そのあとはその事象から離れ、
ある距離感をとりつつそっとしておくことも必要なんじゃないかと。



ここのところ、日々つらつらそんなことを考えている。

普段は音楽、特に神話、ヘソンの話題が中心になってるけど、
本エントリは、とくだん具体的な何かや誰かのことについて特筆する意図はない。


適度な想像力と、適度な距離感。
他人を許す、とか自分が許される、などといった、優劣や勝敗的意味合いではなく、
「目の前の事実をありのままうけとめ、必要なときには受け流す距離感と余裕」
ここんとこ、私自身、常にそうできるはずもなく、まだまだ未熟です。


違いを、人が、人との違いを、もっとなにげなく受け流せる世の中だといいのに。
これは自戒を込めての意味でもあります。


私は他人に関心がなさすぎるのかもしれない。
あまり他の人がどうしてるかとか気にならないし、気づかない。
身近な人の噂話はするのも聴くのも面倒以外のなにものでもない。
ましてや自分のことをどうこう語られるのも正直迷惑で、ほっといてほしかったりする。

…単に自分勝手なだけか。



おちがありませんが、このへんで。


● COMMENT FORM ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

かぎこめDさま、

こんばんは!コメントありがとうございます。

あんなに聴いてたへそんの歌を、なんだか聴く気になれない自分と、
新しい歌声、つまりへそんの新譜を待ってもいる自分もいて、なんだか妙。


おすすめK-POP、テファ以外…ですよね。
ごめんなさい、最近、全くK-POPもののエアチェックできてなくて、わからないです。
しかもMnet、KNTVなどの韓国ものに関連のあるチャンネルは一切、見れなくて。
以前はKBS2FMをネット経由で聴きながら自然と耳に入ってきて気に入る新譜があったのですが。
(渡韓したり、Mnet、KNTVあたりを見れない以上、私のソースは主にこれ。というかほぼ、これ。)


シナをはじめて聴いた時の、
へそんの歌をはじめて聴いた時ほどの衝撃を、
最近のK-POPからうけないというのも正直なところかも。。

良い曲がないとか、
良い歌手がいないというわけではなくて。
それだけシナとへそんの歌は、特別なのだと思う。

だからほんと寂しい。
シナはあと数年、へそんはどんだけ自粛するか不明。再起できるかも不明。

でももし再起できるなら、その時は歌に対する気持ちも今までとは違うでしょう。
その時に彼の歌がどう響くか、それをたよりに待つことしか出来ない受身の厳しさよ。

待つしかないんだなー、待つしか。。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: めっさかっこいい。

かぎこめGさま、

はじめまして!
ようこそお越しくださいました、嬉しいです^^

レスがたいへん遅くなってしまい、ごめんなさい。
野暮用と仕事がたてこんでました。すみません;

検索で辿り着いてくださったのですね!
これも何かのご縁!今後ともどうぞよろしくお願いします^^

あ、↑トップのタイトル画像は、
私が作ったものではないのです。ごめんなさい。

以前…数年前?もっと前だったかな?
サムソンのシンガポールのサイトに、シナのページがあったことがあって…だったかな?
うろ覚えですみません。

↑トップのタイトル画像は、そのサイトに表示されていたものです。
あまりにかっこよくて斬新だったのでPCに保存してありました。

先日、当FC2ブログテンプレートのデザイン変更をするにあたり
ちょこちょこソースをいじって遊んでいた際、この画像のことを思い出し、載せました。

ほぼ元の画像のままです。
ちょっとだけ、PHOTOSHOPで透明度などは多少加工して載せてありますが。


励まし、ありがとうございました。
お気持ち、うれしかったです。

どうぞ、また遊びにいらしてくださいね^^


管理者にだけ表示を許可する

BUMP OF CHIKEN "ハンマーソングと痛みの塔" «  | BLOG TOP |  » 姿の見えない理由

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
Live (20)
御挨拶 (3)
雑感 (16)
新譜 (20)
つぶやき (11)
ニュースより (3)
雑貨 (4)
SHINHWA (2)
sports (1)
感想 (1)

月別アーカイブ

プロフィール

sori27

Author:sori27

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。