スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TEAS' TEA

1249195423_.jpg
この夏、かなりおきにいりな一品。
特に、ベルガモット&オレンジティー。
さっぱりした香り、適度な甘さ。
人によっては甘すぎるかな。
独特なひんやり感もある。

さきほどなにげに発売元の伊藤園HPをチェックしたところ、
なんと9/28にこのシリーズの新製品が出るというではないですかー(大興奮)

091501.jpg
チャイミルクティー!(画像でかいし。すみません。)



15年ほど前だったかな。女3人でネパールへ行ったことがあります。

現地の飲み物はチャイが主流で、
当時、日本円で1杯10円しなかったです。

宿泊代は400円程度でした。
その金額の宿では、温水シャワーは出ずに水がちょろちょろなのが難でしたが、
それさえ我慢すればただ寝泊まりするだけには鍵もちゃんとついてて快適でした。

温水シャワーが希望なら、1泊700円もだせばかなりの豪華ホテルに泊まれました。
初日は勝手がわからなかったのでその700円の宿を予約して泊まりましたが、
総大理石、お湯の出るシャワー、バスタブつきで部屋も広くベッドリネンなども至極快適。
でも、タクシーの運ちゃんに言わせれば、それは「あそこの相場では高すぎる」そうです。

もっとも、初日の700円の宿は、現地の事情がわからず不安だったため、
事前にHISをとおして予約した宿だったのでマージンが含まれていたのだと思います。


首都カトマンズおよびその近郊では歴史的建築物をみたり、陶芸の町へ行ったり
カトマンズから数百キロ離れた、ネパール西部にある登山の拠点、ポカラという街までは
路線バスで向かいました。でこぼこな悪路を片道8時間!かなり疲れましたがいい経験でした。

ポカラでは現地のガイドをつけて(とはいってもインド人だった)
1泊2日のトレッキングをしたのですが

道すがら数か所、登山客にチャイをふるまうお店があり、
トレッキングの途中で口にするチャイは、独特のスパイスが効いており
適度な甘さ(おそらく相当甘いのだが、スパイスと相まってその甘さがすっきりおいしく感じる)
かなりやみつきになったものでした。

このネパール女3人旅についてはいつか機会があれば書いてみたいところですが、
それはさておき、このたびの新製品、TEAS' TEA(チャイミルクティー)に、期待です!
(きっと発売当日に飲んでるのではないかと思う)


余談ですが、

あいもかわらず、飽きもせず、
へそんSIDE IツアーDVDを見てます。
あ、正確には見てなくて、BGMとして聴いてる、というかんじ。

へそん、なんていい声をしてるの!と思う。
曲ごとに違う声。さまざまなジャンルに挑戦しただけあり、多彩な選曲。
あんなへそんの声も、こんなへそんの声も、各種てんこもり。

当時のライブではその多彩なジャンルというテーマが
かえってまとまりなく散漫な印象を与えてしまったのだけど、
ゲストやMCの余分な間合い(ごめん)が適度に除去されリリースされた製品として
映像を見ずにBGMとしてただ流してみると、ものすごく聴きごたえのあるてんこもりDVDです。

なんか違。今や、DVDあにら、すっかりCD扱い。
でもほんと、これはCDか!?と思うくらいの歌のクオリティ。というか、CDよりうまいってどういうこと。


以下、私信(すみません)。

bamuseたん。
リクエストくれた「後遺症」、待っててね。仕事が一段落したら書くわー。あんにょん^^


◆関連記事
*TEAS' TEA(ティーズ ティー) チャイミルクティー新登場@伊藤園

● COMMENT FORM ●

ソッコー読みに行きましたよ。おねだりに応えてくれてコマウォ。

があこさんの「後遺症」論、今ならすごく共感できる。
特にこの季節、この歌きくと
無性に泣きたくなるんだよね。
どうにもならないってわかっているのに
あきらめられなくって・・・
小さな部屋で、彼女との幸せな写真抱きしめて泣く
なんて歌詞を、歌うへそんさんがすごく好きです。

しっかしネパール宿泊代700円ってすごい!
0がひとつ足らないって話じゃないよね?
それなのに、
400円のとこに泊まるお嬢さん三人もすごいわ。

わたしはチャイが結構好き^^
冬は、シナモンスティック突っ込んで
よく飲みます。
スタバのチャイは、甘すぎて最後まで飲めないのに
時々飲みたくなる^^一品。
ネパールやインドのチャイもすごく甘いのね。
本場はスパイスが絶妙なんだろうな~

伊藤園さんのチャイミルクティーにもおおいに期待!
その前に、ベルガモット&オレンジティーも飲んでみよっと^^

毛布にくるまって
へそんを聞きながら暖かくって甘いチャイを飲むひととき。
(または、シナが出てるバラエティー観て爆笑^^;)
彼を待つ冬、こうして楽しく過ごしていよう。















Re: タイトルなし

bamuseさん^^

こんにちは^^

> があこさんの「後遺症」論、今ならすごく共感できる。
> 特にこの季節、この歌きくと
> 無性に泣きたくなるんだよね。

うんうん!
秋、この手の曲は、染みますね^^

この曲、ほんとうに素敵な響き。
bamuseたんとその思いを共感できて、うれしいです^^


> 小さな部屋で、彼女との幸せな写真抱きしめて泣く
> なんて歌詞を、歌うへそんさんがすごく好きです。

この歌詞、すごく綺麗な響きですよね。
この歌は、へそんの声の魅力的なところを存分に発揮できるような
とくに、声を伸ばす(音の長い)ところで最上の響きを持たせる歌詞になってるように思う。

へそんが日本語歌詞の曲を歌うとき、
なぜにあのような喉を絞るような硬めの声として響いてしまうのか、
以前からそれが不思議で、素人なりにあれこれ考えてたんです。

「い」の母音で終わる歌詞が、
長い音に割り振られてるところを歌う時に、
そう(硬めの声に)きこえてしまうように思います。

たとえば
「い~♪」、「き~♪」、「し~♪」・・・というかんじで
母音が「い」の音のところで、喉を絞るような音になってしまう。


日本語をききなれた日本人の耳には韓国語は、
「なにかとなにかのあいだ」のような曖昧な音が多いように感じますよね。

へそんの歌う韓国語の歌が、日本語のそれよりもなぜに魅力的に響くかというと、
そこに尽きる気がします。言語的な「音の多様性」が、大きな魅力のひとつのような。

あれ、ここまでで、既に長くなってしまった(爆)

bamuseさんへのレス、このあと、もうひとつに分けます(爆)

Re: タイトルなし

bamuseたん、

レスその2(爆)

> しっかしネパール宿泊代700円ってすごい!
> 0がひとつ足らないって話じゃないよね?

うん。700円(爆)


> それなのに、
> 400円のとこに泊まるお嬢さん三人もすごいわ。

ははは。。
豪華ではないけど、泊まるだけなら、ちゃんと布団もあるし、部屋の鍵もかかるし、十分でした。
シャワーで温水がでないのだけ、かまわなければ^^;

当時のネパールの物価は、日本の約1/10で。
なので、現地でチップを渡すようなとき、気をつけなければならないということをその時痛感しました。

たとえば、としはも行かない少年が「荷物を運んであげる」と、やってきたようなとき。
100円くらいならよいかなと、日本にいるときの金銭感覚でうっかり少年渡してしまうと・・・
現地の少年たちにとってはものすごい大金なのです。。

日本の感覚では100円。だけどネパール現地では、1000円相当。
あちらでは1000円稼ぐためにどれだけ働かなきゃならないかというと、
当時、一流ホテルのドアマンの月給が3,000円と現地の人に聞いたので、
日本の100円(現地で1000円相当)は、とんでもなく高額なわけです。。
荷物をたった幾つか、数分運んだだけで、それだけもらえてしまうわけですから・・・

ネパールの少年たちは、
学校に行ってない子も、日本語はとても堪能でした。
空港、主要な観光地、バスターミナルには、必ず日本人目当ての少年少女がいました。。
それがなにをかいわんや、です。。
日本人の荷物を運べば、それだけで一流ホテル従業員の月給の1/3をもらえてしまう。
まともに働く気をそいでしまうでしょう。。

実は、カトマンズ空港についたとき、
わたしたち(女3人)は、荷物を運んでくれた少年に100円、渡してしまったのです。
現地にいるあいだに、それがどういうことだったのかわかって反省したのですが、
そのあたりをちゃんと認識した上で現地を旅しなければならないという事実を痛感しました。
未熟でした。。


> わたしはチャイが結構好き^^
> 冬は、シナモンスティック突っ込んで
> よく飲みます。
> スタバのチャイは、甘すぎて最後まで飲めないのに
> 時々飲みたくなる^^一品。
> ネパールやインドのチャイもすごく甘いのね。
> 本場はスパイスが絶妙なんだろうな~

ものすごく砂糖が入ってて甘いのですが、
甘ったるくなくて、スパイスの香りで、すっきりとした後味なんです。
1杯飲むと、とても身体が温まって、登山にはもってこいの飲み物でした。
こんなにいいことづくめで、1杯10円。。。


> 伊藤園さんのチャイミルクティーにもおおいに期待!
> その前に、ベルガモット&オレンジティーも飲んでみよっと^^

早速飲んでみたのですがー、
ちょっと甘かったー。
好みの問題なのだけど。
もうちょっと強めにスパイス効いてたらよかったなー。


> 毛布にくるまって
> へそんを聞きながら暖かくって甘いチャイを飲むひととき。
> (または、シナが出てるバラエティー観て爆笑^^;)
> 彼を待つ冬、こうして楽しく過ごしていよう。

うーん、いいね!最高のぜいたくっす。^^

シナ。やっぱシナは最高です!
おぼんカラオケ、過去に友達がダビングしてくれたビデオをこないだ見てたのですが、
もう、おかしくて。字幕ないと、全部は理解できないけど、字幕がなかったとしても、抱腹絶倒必須。
なに?あのおかしな6人組。(爆)

あ~復帰が待ち遠しいぞ。

※コメントレスで、このように長くなり、すみません。


管理者にだけ表示を許可する

TaeHwa、Live Works Companyへ «  | BLOG TOP |  » 2008 SHIN HYE SUNG LIVE TOUR SIDEI LIVE AND LET LIVE IN SEOUL

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
Live (20)
御挨拶 (3)
雑感 (16)
新譜 (20)
つぶやき (11)
ニュースより (3)
雑貨 (4)
SHINHWA (2)
sports (1)
感想 (1)

月別アーカイブ

プロフィール

sori27

Author:sori27

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。