スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 SHIN HYE SUNG KEEP LEAVES TOUR IN JAPAN

tour.jpg
東京公演@JCBホール、昼・夜2公演参加してきました。

携帯から初投稿で読みにくいかもしれません、すみません。
備忘録として時系列は無視したまま箇条書きにて。

◆"ちょっさらむ"に涙ぐむ。
この曲、こんなにいい曲だったっけ?
体の深くまで染み込む染み込む…
夜の部では1番の歌詞は日本語で。久しぶり。

◆"そりそり"
思いのほかよかった。
あの手のノリは、やはり、いい。
ザッツ!SMエンタのリズムと演出。
ライティングもめちゃめちゃかっこいい。
見ながらふと、シナの舞台が無償に懐かしくなる。
腹の底に響くリズム。中毒性のあるリフレイン。
この曲を歌うヘソンは、久々にシナのヘソンだった。

◆ロックコーナー
今回、とてもよかった。
スタンディングだったから余計そう思ったのかな。
特にTwist&Shout。めちゃめちゃうまい。
バラードの優しい響きもいいけど、
こういうハードな曲での、ヘソンのはりのある声がとても好きだ。
("そりそり"はロックコーナーでやった。)

◆アコースティックコーナー
本音をいうとちょっと微妙なアレンジの曲もあるのだが、
全体的にはソウルコンよりも、バンドとかなりこなれて仕上がってたように思う。

コーラスの左の方、代わりましたかね?
キーボードがちょっとぐだぐだかなーと思った瞬間もあったがそれはさておき、
右端のパーカッションの方。。メンバ紹介で、紹介されそびれてなかった?してた?

JCBホールは数あるホールの中では音がよいと思うけど
それでも昼公演は私の立ち位置も関係するのか(昼は右スピーカーの近く)
ちょっと曇った音だったりボーカルとベースの音量バランスがちょっと悪いかなと感じたけど
夜公演ではそんなに気にならなかったし、ボーカルも伴奏にかきけされることなく聴こえてた。
それにしてもあそこは、きらめくような種類の音がほんとうに綺麗に響くホールだよね。

◆"Awaken"
やはしあたしはどーしても"Awaken"がしっくりこない。
がーっと入り込めないのだ。どこか客席と舞台との間に一枚薄膜が挟まるような感覚なんです。

◆"ちゅんしむ"
踊ろうぜー!以上!

◆"Love Letter"
この曲聴くとなぜか泣きたくなる。
CDでもライブでも。イントロからやばい。なんだ?

◆"ねがちゅごが"
この曲ね、原曲に忠実に歌ってたけど、
ギター1本の伴奏で、冒頭の"こじんまりらど"で歌ったみたく
サビで声をあまりはりあげないで、漂うように崩して歌ってみてほしいのさ。
たぶんすごいと思うのよー。

◆"You Raise Me Up"
なんど聴いても秀逸。
薄膜(スクリーン)に投影されてたのは
ファンに向けたヘソンからのメッセージだったのかな。
へそんの波間を揺らぐような歌い方・・・声を聴きながら
下から上へと流れゆく字幕をみていたらふと、ぐっときて
不覚にもまぶたの端に涙がぽちっとな。^^;

終盤でヘソンはリフトに乗るのだが、
これがかなり高いところまで上がるんだ。
身体の前面でのチェーンも無し。落ちやしないか、ちょっとはらはらした。

◆総括その1(←順不同すぎ^^;)
全体的にコンパクトにまとまり充実したコンサートだった。
ゲストもなく、余計な企画もなく、歌いきった2時間の公演。

◆つっこみどころ
奴は健在だった。^^;
シナの"けんちゃなよ"(Rock ver.))で
ご本人、ノリノリなのはよいけどさ、
昂じてマイクに顔をぶつけ一瞬歌えなくなったり
(笑ってたけど、けっこう痛かったんじゃないかなー)
その直後、こんどはイヤモニ用レシーバー?らしきものをおとしたりと、なかなか忙しい(笑)

◆愛されちゃってるのね
"あいつ(←ヘソン)、マイクに顔ぶつけちゃってやんのー(^O^)"
てなかんじで苦笑いっぽくヘソンを見るバンドメンバの視線が包み込むように温かい。
へそんはふつつかな奴ですが、もしも周りのスタッフに愛されてるのだとしたら、とても嬉しい。

◆声
のどのコンディションは万全とはいえなかったけど、
そのへんは表現力と声そのもののよさでカバー。そのへんはさすがです。

◆メント
相変わらずあまりメントは…だけど、
まあ、やりにくいだろうなー。
日本語もほんとはそこそこできるのかもしれないが出し惜しみしてるのか、
単に本当に勉強不足名だけなのか。(鬼)

昼だか夜だが忘れたけど、
幕があいて序盤、

へ様 "待ってた-?"
観客 "いぇ~!"
へ様 "僕を?今日(の日が来るの)を?"
観客 ←空白をともなったちょっとばらんばらんな反応

へ様、その後拗ねてたよな。。
"待ってた?(僕を?)"て聞いた瞬間に、"待ってた?(今日を?)"よりも沸騰した観客の反応を
待ってたんだろうけどさ。。。ちょっとわかりにくいってば!


◆集中力
とにかく集中力が凄かった。
曲ごとに瞬時に声色がかわる。
歌手なら当たり前の技量なのかもしれないけど。

甘めの声、郷愁を誘う声…
曲ごとに、まさに七変化。

ある曲がおわり、次の曲がはじまると
うつむき加減でいても表情がかわるのが見え、
何事もなかったかのように、さらっと瞬時に声色が切り替わる。

…あれはほんとうに凄い集中力だと思う。
訓練の賜物でもあるのだろうし、彼の貴重な才能でもあるだろう。

歌も一種の演技だよね。
集中力、それも瞬発力の種類の集中力がないと、できないのではないかと思う。
演劇分野のいわゆる"演技"が上手いかどうかは別として
ヘソンは歌の世界では物凄い集中力があるからこそ
あれだけ歌の世界に没頭し、詞の世界をこちら側に伝えてくれるのだと。

◆持続力
ゲストなしで2時間、ひとりで歌いきる力がついたのにも感無量。
(しかも一日2公演!ま、ダンスはゆるいけど、そこはご愛嬌!)

東京2公演のうち、夜公演のほうが声が出てた曲などもあったがやはり、
夜公演の終盤にさしかかると若干、勢いにまかせ歌ってたように感じられる部分もあった。

が、それはさておき、最後まで気力と集中力を保ってたよね。
それは例えるなら僕がんばってるでしょ的パフォーマンスではなく、
「自分は(自分が!)このステージを歌いきる」という強い意志、
ソロアーティストとしての舞台に対する責任感のようなものが
ものすごい熱量でこちらへ伝わってきたというか。

「責任感」、今回のステージから伝わってきたもの。
さらにいうなら「楽しさの伴う責任感」とでもいうのかな。
このステージ、おいら責任もとるけど、自分も楽しむぜ!みたいな。

◆シルエット
いやー手放しで褒めちゃうけど
この方は、つくづくシルエットの綺麗な人だと痛感。手足が長い!
# ちょっとやせた?

◆夜公演のとある衣装
鮮やかな青ジャケ&黒Vネック、のとりあわせは素敵でした。
あの青ジャケット、抑え目だけど鮮やかな発色なので、着こなしけっこう難しそうだけどな。
(ヘソンは首が長いのでVネックが似合うとつねづね思うのだが、彼は普段あまり着ないよね)。

会場(私の周り)の多くの人が一瞬、息を飲んだよ。
ほんと綺麗だったー!手足が長いとスーツは映えますな。。


◆総括(その2)
ソロ歌手としての成長が見えうれしかった反面、
なんとなく寂しさもあった。
もう見守る必要はないように感じたからだと思う。

ファンはまったくもって勝手なものです。。



まだまだ書きたいことは山ほどありますが第一弾はこのへんで。


お会いできたお友達へ、
楽しかったよ、ありがとう!

お土産くださった、き○○様。
ありがとうございました。とても美味しくいただきました!

夜公演をご一緒してくださったbamuseさん、
ありがとうございました!またゆっくり飲みましょう。

● COMMENT FORM ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おつかれー

私、ケンチャナヨ ロックバージョンを終わり近くまでケンチャナヨと気づかなかった。(笑)
MC、とりあえず言ってる事わかってよかった。^^;でも難しいことたくさん言ったらたぶん大半は?だろうね~。
「終わるの残念な方は7時公演も見てください」って宣伝上手に爆笑しちゃったよ。^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

わたしは、夜だけだったけど
昼も夜もスタンディングという人、多かったですね。
そうまでしても、観たい、聞きたいという彼の魅力。
それが、今回のコンサートで
すべて出ていたように思います。

個人的には、「そりそり」の怖い顔がつぼ。
かっこよくて、セクシーで
見ほれてました。よくし、シナのしん・へそん。

今回もわたしが感じてたこと、
ばっちり言い当ててくれてしまってどうしましょ、があこさん。
ええ、あのアコースティックの時の衣装。
ぽ~っとなってました、きれいで。

ご一緒してくださってありがとう!
はい、次回は絶対飲みましょうね。

大変ご無沙汰しております~。
実はこちらにお引越しされてからはじめてのご挨拶(汗)
でも楽しみに読ませていただいているんですよ~本当に。

私は今回大阪二日目のみの参加でした。
2時間弱と、時間的には短かったけど、
ヘソンさんもとっても楽しそうだったし、
中身の詰まった楽しいコンサートだったなと思えて、
終わるのが寂しかったけど、物足りなくはなかったです。
今回のヘソンさん、衣装もどれも素敵に似合っていて、
キラキラしていました。

初めてのソロコンサートのように
ドキドキハラハラさせられることもなく、
すっかりソロ歌手の貫禄がついたみたいですね~。
そうなると、無性にシナのヘソンが恋しかったりして。
本当に、ファンって勝手なものですね~。

があこさんのこの記事を読ませていただいて
また感動がよみがえりました~
ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

fufufu

なんどか見かけましたよ~
声かけろって話ですが
自分が人と一緒だったのでやめました~

Re: 寂しさも。

かぎこめSさま、

お返事大変おそくなりました。

終わりましたね。
もうすぐ2週間経つ・・・

> 私もへそんが遠くなったような気がしました。

そう感じたのは、私だけではなかったのですね。。


こちらは昼・夜ともにスタンディングでした。
入場前の待ち時間などを加味すると
公演2時間 x 2回 + 待ち時間1時間 x 2回 = 計6時間ちかく、
会場周辺あるいは会場でたちんぼうだったケイ酸・・・もとい、計算となります。

はじめはスタンディングってどうよ、と思いましたが、
ふたをあけてみるとあれはあれでなかなかよかったです。

次回また同じ形式でやると言われたら賛否両論とは思いますが
私はあれはあれで試みとしては良かったのではないかと思いました。

Re: タイトルなし

かぎこめch...さま

お越しいただき、ありがとうございます。

あの公演からもうすぐ2週間経つんですね。
わたしは今ツアーの参加はソウル公演と、東京公演でしたが、
かぎこめさまはたしか、台湾公演と大阪公演もご参戦でしたよね。
全公演とおして、どうでしたでしょうか。

ファーストツアーは、ツアー中、わずかな日数の中、
それでも驚くほどの成長を遂げて最終日の名古屋を迎えたのは記憶に新しいところです。

今ツアーは、あのときほどの成長曲線を描いてないにしても、
驚くほどの成長があったように思います、
ツアーはじめのソウル公演とラストの東京公演のみ比べてみると。。

へそん本人としてはソウル公演の出来もよかったですが、
バンドさんたちとのチームワーク、演奏全体として会場に鳴り響く「オト」の種類としては
本人も周りもそのチームワークも調和も、格段に成長していたように感じました。
それが公演全体としての「まとまり」として客席に届いたのかな、なんて。

つらつらと書いてしまいましたが、
いつもありがとうございます、よかったらまた気軽に遊びに来てくださいね^^

Re: おつかれー

Kちゃん、

おつかれちん!
お会いできてよかったわ!

チケット、こんどは自力で当たるといいな~。
今回は、ほんとはずしちゃってすみませんでした。。

Re: タイトルなし

かぎこめIR...さん^^

こんばんは!お返事遅くなりごめんなさい。

初日...そうだったんですね。

そしてやはり最後は「やればデキル子」なんですね。
大阪公演に参加しなかったもので、わからないのですが。。


> それにしても、青ジャケ衣装は素敵すぎましたね!

うん。綺麗だな~と思いました。
あの方は、シルエットが綺麗ですね。

今回はお会いできませんでしたけど、
こんどまた、かぎこめさまと、お会いしたいです。

Re: お疲れ様でした

かぎこめき○○さま

お返事大変遅くなってごめんなさい。

先日は、ご連絡をありがとうございました。
お会いできてうれしかったです。
お土産、ありがとうございました。
とても美味しくいただきました。ありがとうございました!

さて、へそんさんの以前からの癖?ですが、
公演で「喉の調子が・・・」というあのセリフ。
いささか、もうやめたら?と思ってるのだけど、また今回も言ってましたね。

ただ、今回は、そうはいったものの全力投球してたし、
声が万全ではないものの内容はよかったので、あの発言は、帳消しにしてやります(←何様)
ていうか、でも、ほんとやめてほしい。あの発言。

> 「となじま」がとてもとても好きなので

となじま、よかったですよね。
私も、あの曲、好きです。へそんに合ってるよね。
明るめの曲調だけど、ちょっとせつねー!みたいな。(どんな)

なになに?おとしたイヤモニレシーバーを

> ひゅ~っと上にあげて手に取った所がめっちゃ格好よくて

同意!(爆)

本当に、成長しましたね。
でもなんか寂しかった。喜ぶべきなのに。

そう感じた方は、けっこう多かったのかな。。。

Re: タイトルなし

かぎこめDさま、

お返事とても遅くなりました。

> これからも歌手へそんにずーっとついて行きます。

うんうん!


> 青のジャケット・・・息を呑む素敵さでしたね。

あの青ジャケ!
出てきた瞬間、私をどうするつもり?と思いました。(どうもせんって)

ん~あの方は、ほんとうに、一生、歌い続けてほしいです。
またあの歌声を、聴かせてほしい。

Re: タイトルなし

bamuseさん、

お返事大変遅くなりました。
コンサート翌日から仕事で連日ほぼ半徹夜状態で・・・
余裕がまったくありませんでした、すみません。

> 個人的には、「そりそり」の怖い顔がつぼ。
> かっこよくて、セクシーで
> 見ほれてました。よくし、シナのしん・へそん。

うんうん、
よくし、シナのしん・へそん!でしたね。
あの歌を歌う時のはりのある声が、のむのむちょあ!

ライブの余韻がのこって、
あれから3集ばっかり聴いてます。

SIDE IIは、なんていいアルバムなんだ!と思いつつ、
しばらく聞いてなかったSIDE Iにもじつは珠玉の曲が多く
SIDE I、SIDE IIで完成された作品なんだということを、
今回のライブ後、つくづく感じました。

次回は、飲みましょう!

Re: タイトルなし

hirokomさん、

わー、ご無沙汰しております!お元気でしたか?

更新も少なめで、レスも遅くて、ごめんなさい。
# 仕事の負荷の分配をどうにも出来なくて・・・

> ヘソンさんもとっても楽しそうだったし、
> 中身の詰まった楽しいコンサートだったなと思えて、
> 終わるのが寂しかったけど、物足りなくはなかったです。
> 今回のヘソンさん、衣装もどれも素敵に似合っていて、
> キラキラしていました。

この言葉の、すべて、うんうんと、うなづきながら拝見しました。
ほんとうに、そうでした!


> ドキドキハラハラさせられることもなく、
> すっかりソロ歌手の貫禄がついたみたいですね~。
> そうなると、無性にシナのヘソンが恋しかったりして。
> 本当に、ファンって勝手なものですね~。

MCはあいかわらず韓国語の羅列だったけど(笑)
以前のコンサートとは別の雰囲気を感じました。
なんて表現したらいいのかなー。
たどたどしさが、かわってきたというか。

以前はだいぶひとりよがりな・・・
どちらかといえば「閉じられた」MCだったのに(←言いたい放題)
同じたどたどしくても、今回は、心が客に向いているのが伝わってきました。
あーうまく言えないんですけど・・・


> があこさんのこの記事を読ませていただいて
> また感動がよみがえりました~
> ありがとうございます。

こちらこそ、ありがとうございます。
そういっていただけると、素直にうれしいです。
なかなか更新もままなりませんが、また遊びに来てくださると、嬉しいです。

Re: タイトルなし

かぎこめli....さま

お返事大変遅くなりました。ごめんなさい。

食前酒とへそん。いいですねー。
こちらはスタンディングなので、それはさすがに思いつかなかった・・・^^;

そういえば六本木ミッドタウンのビルボードライブ、
あそこはディナーやカクテルなどをいただきながらライブ聴けるのでしたっけ?
へそんもいつかは一度、あの会場でやってみてほしいなーなどと。


> 私は今回ヘソンが歌う「そりそり」を聴き、
> 彼の歌う姿を見たとき、大人の歌手になったと
(中略)
> ロックなアレンジとヘソンの色気があいまって妖艶な雰囲気が醸し出され、

これこれ!まさにこれ。このかぎこめさまの表現のとおり。
あの曲のときのへそんは妙~な色気がありました。あれは一体なんだったんだろう?


わたしも、次回はぜひかぎこめli....さんと、お会いしたいです!

Re: タイトルなし

かぎこめch...さま

既に別件で返信さしあげ済みの件ですが、
(こちらでの遅レス、ご容赦くださいますよう)

先日の件、どういたしまして!お気になさらずに^^


> 今回これだけ完璧に近いものを見せられてしまうと

まったく、同意です。。

伸びしろがあると信じているからこそ、たとえ未熟なステージでも見守れる。
伸びしろがあったから、今回、また伸びた。
この先は・・・どうなるのでしょう。まったく、未知数です。不思議な人です。。

Re: fufufu

あろえちゃん、

メールありがとね!
こんどみかけたら声かけて^^


管理者にだけ表示を許可する

voice of SHS «  | BLOG TOP |  » SHINee JAPAN 1stミニライブ&ファンミーティング

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
Live (20)
御挨拶 (3)
雑感 (16)
新譜 (20)
つぶやき (11)
ニュースより (3)
雑貨 (4)
SHINHWA (2)
sports (1)
感想 (1)

月別アーカイブ

プロフィール

sori27

Author:sori27

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。