スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閃光と残像と残響音

コンサートから2週間経過。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
なぜだか舞台の閃光や残像、残響音が脳裏に強烈に残ったまま、日が経ち冷めるどころかますます燃焼モードまっしぐらなsori27でございます。過去の神話アルバムを掘り起こし聴きまくる聴きまくる。んー!ゆ・よんじんそんせんにむ万歳!などといつもながらのどーでもいいご挨拶はさておき、

へそんの日本アルバム"Find voice in song"に歌詞を寄せてくださった作詞家の久保田洋司さんがご自身のブログで先日のへそんコンについて触れていらっしゃるのをたまたま見かけました。

2010/6/7の日記
2010/6/8の日記

.
.
閑話休題。

ネット某所にて「へ様のライブ最高~!」とつぶやいたところ、
「神話」「シナ」「SHINHWA」「へそん」いずれも知らない友達が2名、そのつぶやきを目にしたらしく。
後日その友達と会った際

    「ねぇ、へ様って、誰?」

とそれぞれに聞かれ^^;


2人とも言うには

    「へ」

であって

    「ぺ」

ではないので

    「ぺ・よんじゅん」

ではないのね、と。
でも聞いたことないから誰なのかと「へ様」で検索かけたけどヒットしなかった、と。



オツカレサマデシタ(爆)





で。

表題ですが、コンサート後、閃光と残像と残響音のようなものが物凄く残っており。。
仕事もあるため社会復帰は一応してるのですがいざオフになると動画をあさったり
ライブでカバーしたホイットニーの過去CDひっぱりだして原曲聴いたり、いろいろと…


で、思ったんですけど
へそんは誰のカバーしても独自色出せる歌手ですがモータウン系歌うと格別うまい。
ヨーロッパ系のロックよりなんつーかこうベタだけどR&B系のカバーが抜群にうまい。

以前のへそんはR&B系の曲を歌う時、
余計なこぶしまわしすぎでちょっといらやしかーって思うことも多々あったんですけど
そういう意味で余計なものは削ぎ落され、核の部分が剥きだしになったというか…

スティービー・ワンダーの"part time lover"は原曲よりもずっとアーバンにねちっこく、
ホイットニーの"Greatest love of all"は原曲よりもさらっと淡々と(でも抑揚はちゃんとある)。
ほんとうまいなーと感動しきり。

淡々と歌いつつ、ちゃんと抑揚つけて曲のエッセンス盛り込みながら、はじめからおわりまで聴く側を飽きさせずひとつの曲を表現するのって凄くむつかしいことだと思うんですけど、ほんとこの方の曲解釈力は凄まじいものがあると毎度思う。

理論で攻めてるのか天性なのか、はたまたその狭間なのか。

      mp < p < mf < f < ff

の順に強くなっていきますよとか

     "<" はクレッシェンド、">" はディミヌエンドよ、とか

譜面にはきまりごとってのがいくつもあるけど
へそん、この方は、譜面に書いてあったとしてもなかったとしても
どこまで理屈で考えてどこまで天性でやってるのかご本人にお伺いしてみたい。

ライブでカバーした"Greatest love of all"はホイットニーが凄く歌いあげてるイメージなんだけど、へそんのは違った。淡々と始まり静かに、終盤にかけて力強く広がってくかんじ。ステージのバックで投影されてた「私たちの幸せな時間」の映像の邪魔にならないようにそういう歌い方になってたのかはわからないけど。

ホイットニーの曲ってわかったとき、原曲の歌いあげるイメージと比べてしまったんだと思う。「へそんの歌い方だとこの曲淡々としてて物足りないかも」なんて思ってしまったけど、終盤、鳥肌がサーッていうか「がーっ」と立った瞬間があって。

"If I fail, If I succeed" の "If" んとこ。
ここ2コとも"If"んとこにすっごいアクセントつけて歌ってたんですよ。
なんでだろ?そうしたほうがいいと思ったのか自然とそうなったのか。
理屈じゃなくて鳥肌凄い立ってぞぞぞーっとしました。


カバー曲を歌うへそんは、原曲とかけはなれ、思いもしないところで抑揚つけたり、かと思うと拍子抜けするくらい淡々とさらっと歌ってみたり。。というかんじでなんつーかこうまあ歌もご本人の佇まい同様つかみどころがなく説明不可能なのだけど妙に魅了されてやまない中毒性があります。
で、まいどのことながら「音楽を表現する人」として崇めたてまつらわざるを得ません(舌噛みそう)



ってなかんじでライブ後2週間経った今も、
あのときの閃光、残像、残響音にやられっぱなしのsori27ですが皆様はいかがお過ごしでしょう。



まったくおちがありませんが、このへんで。

shs.jpg


● COMMENT FORM ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

かぎこめDさま

返信がすっかり遅くなってしまって、本当にすみません。
忙殺されてました。。

当面の活動計画、出ましたね!
待望のコンサートのDVDもリリースされるようですね。
発売はいつ頃でしょうか…。早く、見たいですね!

コメント返信遅くなり、ほんとうに、すみませんでした。

Re: タイトルなし

かぎこめLi....さま

あちらのほうでは、いつもどうもです^^;
こちらの返信がすっかり遅くなり本当にすみません。。

こちらは更新もままならず…ごめんなさい(汗)

お友達の「へ様の謎」は、
後日、解決しました。^^;

というか、私がお伝えしました(爆)
その際ご丁寧にもへ様ソロとシナの曲を少しずつつけて差し上げました(爆)

お友達は、へ様のソロよりも、グループのほうがいいな~って反応でした^^
その方は、バンド系が好きな方なので、そうかもなってかんじです^^

Re: タイトルなし

かぎこめPさま、

たいへん遅くなりごめんなさい。
メールも、ありがとうございました。
返信もままならず、ほんとごめんなさい。。

ホイットニーの曲、
ジュンスも歌ったんですね。
YouTubeにあるかな?探してみますね^^

メールのほうも、これから返信させていただきます。
ほんとこちらのほうの返信、遅くなりすみませんでしたm(__)m


管理者にだけ表示を許可する

SHIN HYE SUNG "THE CYCLE 2005-2009" «  | BLOG TOP |  » 2010 SHS LIVE CONCERT IN TOKYO "Find voice in song" ライブ備忘録(その2)

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
Live (20)
御挨拶 (3)
雑感 (16)
新譜 (20)
つぶやき (11)
ニュースより (3)
雑貨 (4)
SHINHWA (2)
sports (1)
感想 (1)

月別アーカイブ

プロフィール

sori27

Author:sori27

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。